プロフィール

氏名
市原誠二(いちはらせいじ)

好きな言葉
人間万事塞翁が馬。継続は力なり。

好きな食べ物
うなぎボーン、寿がきやラーメンのメンマ、きくらげ、そば

好きな画家
熊谷守一(代表作「陽の死んだ日」など)、ゴッホ

尊敬する人物
中根東里(江戸時代の村儒者)、穀田屋十三郎(国恩記)

趣味
読書、歩くこと、プラモデル、庭いじり

略歴
1973年 名古屋市生まれ
1980年 私立あけの星幼稚園卒園
1986年 名古屋市立戸笠小学校卒業
1989年 名古屋市立神沢中学校卒業
1994年 国立豊田工業高等専門学校卒業
1998年 国立名古屋大学 大学院
    人間情報学研究科 物質生命情報学専攻 修了
1998年 日立製作所 情報機器事業部入社
    (現 日立チャネルソリューションズ 勤務)

2019年 尾張旭市議会議員選挙(統一地方選挙) 初当選(1741票)
    福祉文教委員会委員 決算特別委員会委員 都市計画審議会委員 公立陶生病院組合議会議員
2020年 尾張旭市議会議員 2年目
    都市環境委員会副委員長 決算特別委員会委員 都市計画審議会委員 公立陶生病院組合議会議員
2021年 尾張旭市議会議員 3年目
    議会運営委員会委員 総務委員会委員 議会広報委員会副委員長 議会報告会実行委員会副委員長 尾張東部衛生組合議会議員
2022年 尾張旭市議会議員 4年目
    議会運営委員会委員 都市環境委員会副委員長 議会広報委員会委員 議会報告会実行委員会副委員長 尾張東部衛生組合議会議員 

学生時代
小中学校ではバスケットボール、高専はハンドボールを数年やったのち、大学院まで学生ボランティアとして高校生の海外交換留学を支援する団体で活動をおこなってきました。高専では、超電導薄膜の生成や画像処理のアルゴリズム、大学院は、三次元の物体計測の研究を行い、教授、諸先輩、同級生、後輩、ボランティアの仲間など、素晴らしい方々と出会い、刺激を受けることができた学生時代でした。

職場時代
大学院修了後は、好きなテレビ番組「TBS系列 世界ふしぎ発見!」で親しみのあった、地元にある工場に就職しました。入社当時の配属は、今でいうところのソリューション部門。ATM・無人契約機・新規PJの提案書、見積の作成や顧客訪問・説明、仕様の策定等、尊敬する上司や先輩・後輩・同期に恵まれ、助けられ・励まされて業務を遂行することができました。

組合役員時代
会社の発展のために会社と組合が真摯に論議する環境下で、職場では経験できない体験をさせていただきました。従業員・組合員とその家族の幸せのため、そして社業の更なる発展、成長のため努力した、支部・本部での12年間だったと思います。

人生観
1973年(昭和48年)前後に生まれた私たちは、団塊ジュニア世代と呼ばれ、貿易立国により日本が経済大国として勃興しバブルが崩壊するまでを小中高大学生として過ごしてきました。そして就職するときには就職氷河期で大変苦しみました。これからは、少子高齢社会の中、経験したことのない世界を迎えようとしています。人口減少がもたらす様々な弊害をこの時代を生きる私たちで乗り越えていく必要があります。この先、未来を拓くためには「おかげさま、おたがいさま」の精神があらためて大切になってくると考えます。私は「正直者が馬鹿を見る」が蔓延る世の中は苦手です。努力が報われ、互いが助け合え・尊重しあえる社会を次の世代に引き継ぐため、一歩一歩活動を始めていきたいと考えています。

Copyright ©尾張旭市議会 議員 市原誠二 公式ホームページ  All Right Reserved.